mmm-design

使用する画像について

投稿日:

こんにちは。やまもとです。

今日は印刷やWEBで使用する画像について書こうと思います。
お客様でご用意できない場合は、こちらで持っているフリー画像を使いますが、お客様のほうでご用意いただく場合、いくつか注意点があります。

ネットで検索して出てきた画像はNG

ネットの画像検索で出てきた画像をそのまま使ってという話がとても多いです。しかしネットの画像は著作権で守られているものがほとんどで、それを勝手に使うと非常にまずいです。賠償問題になる場合もあります。

とあるデザイン事務所が有料のイラストをそのまま真似て制作しチラシに使ったことによって、その有料のイラストの制作元から訴えられて、つぶれてしまったなんてことも。

ネットに上がっている画像は簡単に手に入るので使いやすいと思われがちですが、実はとっても危険です。使わないようにしましょう。(素材としてお送りいただいた画像は念のため出どころを確認する場合がありますので、ご了承ください)

レンタルポジのロイヤルフリーを使いましょう

レンタルポジとは、写真家が撮影したフィルムを有効に使用する目的で、そのフィルム(またはデュープ)をストックフォトライブラリーが保管し、貸出(レンタル業務)を行うこと、またはそのレンタルするポジのことを言います。

私がよく利用するレンタルポジは、PIXTA(ピクスタ)Fotolia(フォトリア)です。(安くてそこそこのクオリティ)。

レンタルポジには色んなライセンス形式があり、注意が必要です。ライセンス形式についてはまた別の記事で詳しく書きますが、紙媒体の写真であれば「ロイヤリティフリー」という形式のものを選んで購入されるのが良いと思います。簡単に説明すると、「一度使用を許諾されれば、使用許諾の範囲内で何度でも複数用途に使用できるというライセンス。使用許諾を受ける際には、一定の料金を支払うことが一般的。」なライセンスです。よく著作権フリーと勘違いされますが、きちんと著作権は残っています。購入前に使用条件などをよく確認しましょう。

無料の写真素材サイト

かといってチラシにかける予算もないのに、写真までも買えない・・・といった方には、商用利用可能な無料の写真素材サイトも今では多数存在しています。無料といってもそれぞれのサイトに利用規約があるので確認は必要ですが、レンタルポジよりも使用しやすいでしょう。

わたしがよく使っているのは写真ACPAKUTASOです。PAKUTASOは一部クレジット(著作権表記)が必要な素材があるので注意が必要です。

いずれも必ず使用する前に利用規約を確認し、ルールに乗っ取って正しく使用しましょう。

自分で撮影が一番良い

なんだかんだ難しいことを書きましたが、自分で撮影するのが一番です。自分で撮影するので、著作権は自分になります。紙媒体では高解像度の画像でないと見た目的にもデザインする上でもあまり好ましくありませんが、WEBで使用する分には多少解像度が低くても使用できます。

とは言ってももちろん写真のセンスが問われます。残念なことに私はデザインする上で、ずっと無料の素材や上記でお話したレンタルポジを使用してきたので、写真のセンスがまるでありません。(実証済み)最近では、お客様の撮影もお願いされることもちらほら出てきているので、カメラも少し勉強しようかと思っています。

お客様に撮影していただくのが一番良いですが、どうしても用意できないといった場合は素材辞典という有料のCD-ROM素材や有料の写真・イラスト素材を所持していますので、お気軽にお声がけください。

カテゴリー一覧

月別アーカイブ