mmm-design

印刷の用紙について

投稿日:

こんにちは。やまもとです。

今日は印刷の用紙について解説します。
用紙で迷われる際はご参考にしてください。

 

用紙の種類

名刺やチラシ、リーフレットなどの印刷物はWEBと違って「用紙に印刷する」という工程があります。 用紙は印刷会社によって種類はさまざまですが、だいたいこの3つから選ぶのが妥当だとわたしは思います。

①コート紙
②マットコート紙
③上質紙

名刺の場合は、渡した時の最初の印象が大事だと思うので、個人的には上記の用紙よりも少し変わった(透明や和紙のような質感のものなど)用紙を使うほうが覚えてもらいやすく、有効かなと思います。お客様にはわたしがお気に入りの「財布に入れていても色移りしない用紙」をオススメさせていただいています。上品な仕上がりで、何より安い!

 

用紙の特徴

この3つの用紙はどんなものか?簡単に説明しますと

①コート紙

表面がツルツルしている、光沢のある質感で発色が非常に鮮やかな用紙。
写真の発色もよく、チラシに多い用紙。(特に真っ赤を表現したいときに有効)

②マットコート紙

コート紙と違って光沢感はなく、しっとりとマットな質感の用紙。コート紙よりも鮮やかさは落ちますが、落ち着いた上品な仕上がりになります。(高級感を出したい場合に有効)

③上質紙

コピー用紙と同じ質感の用紙。コート紙よりも鮮やかさが落ちるのでお申込み用紙やアンケート用紙など、筆記する用途に使う印刷物だと有効です。

 

用紙の厚さ

ネットの印刷会社に発注された方だと一度は見たことがあるかと思いますが、「コート90kg」や「マットコート紙110kg」という表記。

90kg?110kg?

「kg」とは、用紙を1000枚積み上げた時の重さのことです。なので数字が増えるほど、分厚く重い用紙ということになります。

「用紙を1000枚積み上げた時の重さ」って言われても・・・ですよね。わたしもそうですw

だいたいですが、目安は

・73kg(ちょい薄め)

コピー用紙よりも少し薄めで、包装紙ぐらいの分厚さ。イベントチラシやポスティングチラシに使いますが、思っているより結構薄いです。

・90kg(普通)チラシにオススメ!

コピー用紙とほぼ同じぐらいの分厚さです。だいたい新聞折り込みチラシはこの用紙の分厚さだと思います。薄すぎず、分厚すぎず。チラシにはこの分厚さをオススメしています。

・11okg(ちょい分厚め)

コピー用紙よりも少し分厚く、しっかりした印象の分厚さの用紙です。リーフレットや二つ折りチラシで立たせて使用したい!など用途によっては90kgよりもこちらの用紙を使います。名刺の二つ折りをご検討の場合、あまり分厚すぎると折ったあとに開いてくる可能性があるので要注意。

・135kg(かなりしっかり)

コピー用紙と郵便ハガキの間ぐらいの分厚さです。名刺やポスターなど、しっかりと一枚でどっしり使いたい場合にオススメです。(名刺としては少し物足りない分厚さかもしれません)

 

まとめ

色々書きましたが、用途やこだわり(色の発色や上品さが欲しいなど)に合わせて選んでいただければと思います。今はネット印刷サービスが充実していますので(プリントパックやラクスル)、そういったところに条件を出して問い合わせてみるのも良いかもしれません。もちろんmmm-designでは、お客様のイメージをヒアリングして紙質をお選びさせていただきます。

カテゴリー一覧

月別アーカイブ